コレでは家は売れない~家を売る方法として間違っている事!

家を売りたいと思った時に多くの人がどうすれば高く売れるのか?を考えます。長年住んでいる愛着の家であれば、尚更、低い価格では売りたくはないので気持ちは良くわかります。

しかし、どうすれば高く売れるのかは物件の立地、広さ、築年数などスペックによっても買主、仲介業者など様々な事が関係してくるので、一概にこの方法で高く売れますと言い切れない部分があります。

そこで少し発想を変えて、「こんな売却をしていたら売れない」を考えてみました。逆の発想ですので、これから紹介するダメな方法を理解しておけば、納得した売却に繋がるのでは?と考えています。

家を売る方法が間違っていたら売却できない

家を売る方法として間違いを知る事で売却に繋げることが出来るはずですので、いくつか紹介していきます。

①不動産会社に来店偏
②媒介契約して仲介を依頼する会社を選ぶ偏
③内覧偏

①不動産会社に来店偏

家を売りたいと家族会議などで決まった場合、まず最初に行動に移すとなると不動産会社に来店して相談する事だと思います。来店することが悪いのではありませんが、店舗を厳選した上で来店する店舗を決めないとあまり意味がありません。

不動産売却会社の中には得意分野がある業者が多くあります。例えば、ファミリータイプの物件に強い、1Kなど独身向けのマンションが得意、一戸建てが得意など、業者によって得意分野があり、その得意分野の売り物件があつまる傾向にあるので、マンションが得意な会社ならマンションを購入したいと検討している人が集まりますし、売却経験も必然的に得意分野の物件が多くなりますのでデータが蓄積されていきます。

その為相談する会社はあらかじめ、得意分野を調べた上で決定した方が不動産を売ってくれる可能性が高く、査定に関しても売却経験が豊富なので相場を考慮した正確な査定額を提示してくれるでしょう。

売却を成功させたいなら、まずは所有不動産と相性の良い不動産会社を探してから!

②媒介契約して仲介を依頼する会社を選ぶ偏

不動産会社に相談してから媒介契約を結んで仲介を依頼しますが、失敗している人はここですぐに不動産会社を決定してしまいます。

よく売却の期間を長く確保するために、スピーディーに動いた方が良いと言いますが、業者選びは今後、売却が成功するかどうかを占う大事な局面ですので、しっかりと選ぶ事が大切です。

相談に行くのはよいのですが、1社だけしか相談していない事はないでしょうか?

売却で失敗する人は1社に相談してすぐに決めている場合が多いです。

「大手だから安心して任せられる」
「知り合いの不動産屋なので信用できる」

など言う人がいますが、本当にそうでしょうか?

大手だから高く売れるとは限りませんし、知りあいだから信用できるとは限りません。

候補の一つとして考えるのは、もちろん良い事ですので、まずは、①で探したように所有不動産の売却を得意とする不動産会社を数社見つけて、相談して査定を依頼しましょう。

そうすれば、査定額やその根拠、また、近所の市場相場などを聞くことで、その会社が良いかを比較して選ぶ事ができます。

1社だけでは、どこが他の不動産会社よりも優れているのか?がわかりませんので選べないはずです。スーパーでの食材の買物のように価格が数十円でも気にして買物するわけですので、不動産を売る場合もいくらで売ってくれるのか業者を比較しないと絶対に後悔します。業者の違いだけで300万円以上も売買価格に差が出ることもよくある話です。大切な不動産を売るのに失敗しないようにして欲しいです。

数社の査定額を比較した上で業者を選ばないと失敗する可能性大!

③内覧偏

①と②は売り出し開始前の話ですが、仲介を依頼する不動産会社が決まってから、契約を交わして、売り出しを開始することになります。売り出しを開始すると、営業活動を通じて不動産情報が購入希望者の元に届き興味を持ってもらえた場合、次のステップとして内覧の案内をすることになります。

内覧では資料で興味を持った物件を実際に目で見て確認する事で購入するかを買主は検討する事になるので、かなり重要なステップです。内覧まできているという事は購入する可能性がゼロではありません。大事なお客様ですので、しっかりと対応しなければいけません。

売主しか知らない、物件の良い情報を伝えたり、住みやすさを伝えたりなど、やるべきことは沢山あります。ここを怠って良い印象を与えられなければ、家は絶対に売れません。

言わなくてもわかると思いますが、中古物件ですので、どうしても古くなっているとは思いますが、キレイに整理整頓する、水回りはキレイに、物が多いなら処分しておくなどはしておくべきです。

④自分基準で売却している

売れない人の特徴として自分基準で売却している事が挙げられます。自分の所有物なので当然なのでは?と思う売主もいるかもしれませんが、果たしてそうでしょうか?

「この家は、特注の建材を使ってしっかり作って、建具にしても浴槽なども海外から取り寄せた高級品だからもっと高く売れるはず」

のように考える売主もいますが、そんな事は買主には関係ありません。高かろうが良い建材を使っていようが、それは以前の話しであって、買い手がその価値を理解しない限り、価格には反映されません。その為意味のない事なんです。

上記は一例ですが、相場が3500万円なのに、売主が高級建材なので3700万円で売りたいから、3700万円で売り出しを開始しても売れないんです。買い手は近隣の相場を調べて、予算を決めて購入できる物件を探していますので、相場よりも高過ぎる物件の場合、選択肢に入らない為売れません。

売主は買主がどのように考えて、購入しようとしているかを考えておかないと、売れる物件も売れません。価格だけでなく、対応に関しても商品を売るという気持ちでしないと不動産を売る事は難しいでしょう。

4つの間違った方法をチェックして売却していく

4つの間違った方法を紹介しましたが、大きく分けて、「不動産会社選び」「買主目線」に注意する事が不動産売却を成功させる上で大事な事です。高く売るには、その価格で購入する買い手はどんな人かを想像して、買い手に情報を届けないといけません。不動産会社選びについても、不動産の価値をしっかりわかってくれる経験豊富な会社に依頼した方が高く売れる確率が上がります。

間違った売却方法を知る事で、売却を成功させるにはどうしたらよいかがわかったと思います。間違った方法で売る事にならないように注意してください。

その他に家の売却で失敗しないようにコレだけは確認しておくと良いでしょう→家を売るならコレだけは確認